虚弱体質な保育士経験談

できるだけ自分にやさしく自然に、体質改善中。

保育士4年目

こんばんは、保育士うみです。

保育士3年目で退職をして、保育士という仕事は私にはできないと思っていました。自分に余裕がないので子どもたちにも丁寧に関われないのです。時間に追われて子どもを急かしてしまう保育、それは子どもの主体的を大事にできていないのでは?と。そして、体が動かず、毎日疲れがひどいのです。体調を崩してまでやりたい仕事なのか?と。


これからの暮らし
保育から離れたい、自分のしたいように暮らしたい。
当時、食に関心がありましたので、退職後は一週間に2、3日程、小さなカフェでアルバイトを始めることに。料理を作って提供するのは苦労しましたが、料理の腕を磨けたり接客を学べたりといい経験でした。

アルバイトだけをするつもりでしたが、食にこだわった自然派な保育園が開園するということで、どんな保育園なのか興味があって話を聞きにいくことに。保育士として働くつもりはもうなかったのですが、保育士不足ということもあり、少ない日数でもいいから働いて欲しいと懇願されます。
私は週1、2日のパートで、そして主担任ではなく補助としてなら働けるかもしれないと思い、カフェと保育園のかけもちをして働くことにしました。あれ?結局保育士しているじゃん、、、笑 


体力的にはフルタイム勤務よりもはるかに余裕があったはずなのです。でも、仕事が終わると毎回ぐったり。家事もできません。休日も外出せずに休んでいるのに、疲れが取れずにいました。
体力が落ちたのかもしれないと思い、ランニングを始めました。


健康診断
その年の冬に保育園で健康診断を受けたときのこと。医師から甲状腺肥大なので専門病院で再検査をするようにと話がありました。後日、診断結果が届くと、血液検査では悪玉コレステロールが異常値を示していました。前年度、一昨年と比べて急激に上昇していたのです。
当時はマクロビに興味があり、玄米菜食の生活でしたので、コレステロール上昇に思い当たる節がありません。
不安になりながらも甲状腺専門病院を受診し、エコー検査、血液検査をうけました。


病気発覚
診断結果は、橋本病。そして橋本病による甲状腺機能低下症を引き起こしているとのこと。
よく聞くバセドウ病甲状腺機能亢進症ですが、橋本病はその逆の病気です。
疲れやすい、無気力、眠気が強いのはそのせいだということでした。

疲れやすい理由が分かってホッとしました。橋本病の原因は分かっていないそうですが、ストレスからくることもあるようです。私は以前勤めていた保育園で無理をして働いたことで橋本病、甲状腺機能低下症になったのではないかと思っています。


www.j-endo.jp
www.j-endo.jp


これから薬でホルモン補充をしていくことになりました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村